メディカル・プロテオスコープはプロテオミクスのエキスパートです。プロテオミクスの技術開発と医学・生物学への応用を軸に事業を展開しています。また、整備した分析手法を研究機関向けの受託分析にも活かし、我が国のオミクス研究のレベルアップに貢献しています。

お知らせ

  • HOME »
  • お知らせ

「研究コミュニティーへ潜入」ページを新設しました。

こちらです。当社研究員による執筆です。

受託分析の結果が論文に掲載されました。

合成ペプチドのリン酸化体の分析です。こちらです。 この論文では、ULK1がmineralocorticoid receptorをリン酸化することを明らかにしています。 分析委託者: 柴田 茂 先生(帝京大学医学部 内科学 …

出展のご案内 MSP2018

2018年5月15日より開催されるMass Spec and Proteomics (MSP) 2018に出展します(理科研株式会社との共同ブース)。 本会は、日本プロテオーム学会大会、アジア・オセアニアヒトプロテオーム …

化合物結合分子のアフィニティ精製です。

多摩川精機株式会社と共同で、キナーゼ阻害剤の標的タンパク質群を同定しました。こちらです。

「プロテオーム深度6000」のページを新設しました。

タンパク質同定に関してさらに網羅性の高い分析技術を開発しました。こちらです。

血清マーカーの定量分析をご紹介します。

こちらです。Immuno-MSです。

展示情報を更新しました。

こちらです。

受託分析の結果が論文掲載されました

リン酸化プロテオミクスです。こちらです。 この論文では抗がん剤gedatolisibがAKTとmTORのキナーゼ活性を阻害していることを確かめています。 分析委託者: 牧野嶋 秀樹 先生(国立がん研究センター・鶴岡連携研 …

東レリサーチセンター分析基礎講座のお知らせ

特別講座「今から学んでも遅くない プロテオミクスと質量分析の基礎」が来たる1月12日に開催されます。 ご興味をお持ちの方はぜひ参加登録してください。 当社取締役の川上隆雄が講師のひとりとして講演する予定です。

「プロテオミクスの基礎」の連載をはじめました

こちらです。プロテオミクスの歴史から入ってみました。

1 2 3 4 »
PAGETOP