当社は横浜市立大学と提携し、リン酸化プロテオミクス、血漿プロテオミクス、定量プロテオミクスなどあらゆるプロテオミクスの技術に精通しています。受託分析、共同研究を通じ研究者に技術を提供します。

SRM/MRMによるタンパク質の定量

  • HOME »
  • SRM/MRMによるタンパク質の定量

SRM/MRMによるタンパク質の定量

 選択反応モニタリング(Selected reaction monitoring, SRM)は質量分析法のひとつです。複数の分子を測定の対象にする場合は多重反応モニタリング(Multiple reaction monitoring, MRM)とも呼ばれます(SRM/MRMの原理)。

 SRM/MRMは定量性と選択性がともに高いので、混合物中の対象タンパク質を定量する際に用いられます。ペプチド混合物を測定に供することはショットガン法と同じですが、測定対象のペプチド断片に合わせて質量分析計の測定変数を設定します。現在ではウエスタンブロットやELISAを補完する方法として多くの研究に用いられています。より正確な定量のためには、安定同位体で標識した合成ペプチドを用います(下図)。測定試料に既知量添加した合成ペプチドの検出強度から対象ペプチドの含有量を算出します。

SRM/MRMによるタンパク質の定量

 SRM/MRMは次のような要請に応えることができます。

・タンパク質アイソフォームを区別して検出
 各アイソフォームに対する抗体が用意できない場合などにSRM/MRMを用います。
 各アイソフォームでユニークなペプチド断片を測定対象にします。

・バイオマーカー候補の検証
 血漿中の候補タンパク質の定量測定系を構築します。

・翻訳後修飾の定量測定
 定量対象のタンパク質と修飾アミノ酸残基が決まっている場合は、網羅的に分析するよりも正確に測定することができます。

 
分析手順の例

 

・50種類を超えるタンパク質を定量の対象とすることができます。
・安定同位体標識ペプチドの合成は当社から外注します。
・分析の各段階で随時状況をご説明します。
・定量対象のタンパク質に由来するペプチドが検出できない場合がありますので、
 あらかじめご了承ください。

 
おもな納品物
・分析報告書(.pdf)
・ペプチドの定量結果をまとめた表計算ファイル(.xlsx)

 お問い合わせはこちらまで

PAGETOP