メディカル・プロテオスコープはプロテオミクスのエキスパートです。プロテオミクスの技術開発と医学・生物学への応用を軸に事業を展開しています。また、整備した分析手法を研究機関向けの受託分析にも活かし、我が国のオミクス研究のレベルアップに貢献しています。

プロテオームの受託分析と研究支援

  • HOME »
  • プロテオームの受託分析と研究支援

プロテオームの受託分析と研究支援

 MPSは、2002年の設立以来、臨床バイオマーカータンパク質の探索と開発などで多くの成果を挙げてきました(おもな研究成果)。この研究実績をさらに広い分野に活かすため、質量分析を用いたプロテオミクスの受託分析事業を展開しています。

開発した技術を受託分析に活かします

 横浜市立大学との提携で導入した技術を含め、当社で実用化した各種のプロテオミクス技術を受託分析に活かしています。研究者の多様なご要望にお応えするために最適な分析計画を提案しつつ、大学内で設置・稼働している最新の質量分析システム群を利用しながら最高の分析結果をお届けします。

装置の写真_MPSLTQ-Orbitrap Analyser を搭載した質量分析システム

 
研究者による研究者のための受託分析
 
 MPSの分析担当者は皆、過去に大学や製薬会社で少なくとも数年間のプロテオミクスの研究経験を積んでいます。この分野の最新の動向をつかみながら、これはと思ったアイデアを技術開発に活かしています。営業を兼務していることも特長です。このため、研究現場のご依頼者との打ち合わせを円滑に進めることができます。分析のご要望を詳しく伺った上で、場合よってはより成功確率の高い別のアプローチを提案させていただくこともあります。
 
 
特に困難な分析を承ります
 
 従来の受託分析とは一線を画し、研究者が手を焼いてなかなか結果が得られない、むずかしい試料調製、測定作業、およびデータ解析もお引き受けします。その対象には、難溶性の試料、超微量タンパク質、各種の翻訳後修飾タンパク質、ゲノム配列情報が未整備の生物に由来する試料、そして多検体の比較を要する研究が含まれます。
 
 
あらゆる生物種を分析します
 
 ヒトはもちろんのこと、マウスなどのモデル生物から環境由来のメタプロテオームまで、あらゆるプロテオームを分析の対象にしています。

 現在までに取り扱ったおもな分析材料
・ ヒト(血漿/血清、凍結組織、ホルマリン固定組織、エクソソーム)
・ マウス・ラットの組織
・ 各種培養細胞
・ 培養上清
・ 緑葉
・ 酵母
・ プルダウン精製試料
・ 密度勾配遠心のタンパク質画分
・ 医療用の素材に付着したタンパク質群
・ 健康食品の試作品
・ バイオフィルム
 
 
レポート重視です!

 信頼性の高いデータをお届けすることはもちろんのこと、同時にお出しする分析報告書にも力を入れています。丁寧かつ簡明をモットーに、依頼者からの追加記載のご要望にも応えています。

 報告書例はこちら。分析委託者の許可を得て掲載しています。
 
 
研究の秘密保持、試料・データの管理、ともに万全です
 
 具体的なご相談に入る前に、御希望に応じて秘密保持契約を結びます。また、当社は過去に数多くの臨床試験に参加しており、このため分析試料とデータについて厳密な管理基準を整備しています。
 

サービスの種類と対象

 各サービスの詳細はこちらまでお問い合わせください。そのほかのご要望も承ります。

サービスの種類 おもな対象
非標識 (Label-free) LC-MS/MSを用いたプロテオーム間の比較分析(タンパク質発現レベル) 培養細胞、組織検体、プルダウン精製試料、ホルマリン固定組織、血漿/血清
リン酸化プロテオミクス
選択・多重反応モニタリング (SRM/MRM) による定量分析
各種翻訳後修飾の分析(メチル化、ユビキチン化、SUMO化、その他)
安定同位体標識試料の測定(TMT、SILAC、その他)
LMDによって回収した試料の分析 FFPE組織
タンパク質バンドの同定 SDS-PAGEや二次元電気泳動で分離されたバンド・スポット(銀染色あるいは各種蛍光色素による染色)
PAGETOP