メディカル・プロテオスコープはプロテオミクスのエキスパートです。プロテオミクスの技術開発と医学・生物学への応用を軸に事業を展開しています。また、整備した分析手法を研究機関向けの受託分析にも活かし、我が国のオミクス研究のレベルアップに貢献しています。

会社概要

  • HOME »
  • 会社概要

会社概要

企業理念

   株式会社メディカル・プロテオスコープは、プロテオーム解析技術を駆使し、患者様一人一人への最適な治療(個別化医療)に有効なバイオマーカーの創出と創薬・診断薬の開発を目指して事業を展開してまいります。また、整備した分析手法を研究機関向けの受託分析事業にも活かし、我が国の医学・生物学研究の底上げを目指します。

メッセージ

   MPSは、プロテオーム解析を中心とした最先端の科学技shatyouaisatu術の成果が豊かな社会の創造に役立つことを願い、設立されました。バイオマーカー開発を目指して血液プロテオーム解析を中心とした受託分析事業から出発し、現在はホルマリン固定パラフィン包埋組織試料を用いた解析においても実績をあげつつあります。

   医薬品開発に伴うバイオマーカーの開発・応用は、米国の食品医薬品局(FDA)が2004年に発表した医療製品開発白書「Innovation or Stagnation」以降さらに重視されるようになり、2006年には国家的プロジェクト(The Critical path initiative)の取組みが始まり、バイオマーカー開発も具体的テーマとして挙げられました。EUの医薬品規制・承認機関(EMEA)もFDAとの共同開発体制を構築し、欧米では今後新薬の開発や審査・承認においてバイオマーカーが重視され、必須化される方向にあります。

   このような世界情勢の中で、MPSはこれまでの委託試験・共同研究により培われた、
・ 臨床研究管理技術
 (臨床試料の取り扱い、試験の品質や信頼性を確保するためのシステム)
・ 試料前処理・測定技術
 (血液やその他の体液、細胞、組織の前処理、LC-MS/MS測定)
・ バイオイオンフォマティクス技術や独自の定量解析技術
 (i-OPAL、i-RUBY)
   これらを組み合わせた臨床プロテオミクスの統合プラットホームを提供し、弊社の受託研究サービスをご活用いただくことで、創薬バイオマーカーの開発・応用を実現し、創薬ターゲットの特定、創薬研究の効率化、臨床開発のスピードアップ、効果的な市販後調査、個別化医療に貢献します。

沿革

名称未設定 2

2002年11月 東京都新宿区にて設立
東京医科大学に臨床プロテオーム研究寄付講座を開設
2004年1月 第3回日本バイオベンチャー大賞において文部科学大臣賞を受賞
2004年4月 LC-MS/MSデータ整列化アルゴリズムを開発 特許取得
2008年1月 非小細胞腺癌の術後化学療法における予後予測マーカータンパク質を同定 特許取得
(大鵬薬品工業株式会社との共同研究)
2008年4月 文部科学省イノベーション整備事業に参画
2011年7月 抗がん剤ゲフィチニブによる間質性肺炎の予測因子を同定
(アストラゼネカ株式会社との共同研究)
2011年11月 横浜バイオ産業センター内に移転
2013年3月 抗がん剤エルロチニブによる副作用の予測因子を患者血漿から同定
(中外製薬株式会社との共同研究)
2013年7月 プロテオーム受託分析事業を開始
2013年9月 国際ヒトプロテオーム会議・日本プロテオーム学会合同大会にて研究開発功績賞を受賞
2013年12月 横浜市立大学先端医科学センター内に移転

おもな共同研究先 (敬称略)

大学・研究機関
東京医科大学, 横浜市立大学, 国立がん研究センター, 慶應義塾大学, 東京慈恵会医科大学,東京大学, 名古屋市立大学, 名古屋大学, 他

民間企業
アストラゼネカ株式会社, 大鵬薬品工業株式会社, 中外製薬株式会社, 東レ株式会社, 他

会社案内

会社名 株式会社メディカル・プロテオスコープ
Medical ProteoScope Co., Ltd.
所在地 横浜市金沢区福浦3-9 横浜市立大学 先端医科学研究棟 産学連携ラボ P201〔地図 〕
横浜市大福浦 交通アクセス
連絡先 TEL:045-374-3361 FAX:045-374-3364
代表取締役 大滝 義博 (2014年1月より就任)
取締役 青井 正三、 川上 隆雄
監査役 藤波 光雄
資本金 5,000万円
役職員数 6名(2017年6月現在)
事業内容 プロテオミクスによるバイオマーカー開発および受託分析事業

P1030955(1)_20150715

横浜シーサイドライン「市大医学部」駅から徒歩1分

PAGETOP